バスキュラーアクセスのご案内

透析のイメージ

人工透析とは、体から毎分200ml程度の血液を抜き出し、体に溜まった水分や老廃物を除去し戻す治療です。血液を抜き出し戻す出入り口のことを「バスキュラーアクセス」といいます。

方法は、自己血管内シャント、動脈・静脈直接穿刺、一時的留置カテーテル、上腕動脈表在化、人工血管内シャント、長期留置カテーテルなどがありますが、血液透析を受けておられる方のほとんどが内シャントでの透析を行っています。

バスキュラーアクセスは、手術で血管をつないで動脈の血を静脈に流し込み、透析が出来る血管を作る場合が多く、通常は流れないたくさんの血液が静脈に流れるため、血管に負担となり色々なトラブルが起こりがちです。シャント、人工血管のトラブルには狭窄(狭くなる)、閉塞(つまる)、感染(バイ菌がつく)、瘤化(コブができる)、静脈高血圧(手や指が腫れてくる)、スチール症候群(手や指が冷たく紫色になる)などがあります。 長期にトラブルなく透析で使用できるようにするためには、初回作成時から長期的な戦略を踏まえて治療を行うこと、さらに、ご本人の日々の維持管理の心がけが大切になります。

バスキュラーアクセスの作成・治療には・内シャント造設術・シャントPTA・シャント修復術などがあり、可能な限り当院で対応しています。難易度の高い症例等については他医療機関と連携して治療にあたっています。

シャント狭窄部拡張術

先端に風船(バルーン)のついたカテーテル(下図右図)をシャント内の狭くなった部分(狭窄部)に進め、そこでバルーンを膨らませることによって狭窄部を拡張する方法です。

透析イメージ画像
  • 造影剤注入前の画像

    ①造影剤注入前

  • 造影剤注入後の画像

    ②造影剤注入により血管狭窄の有無を確認します。 狭窄がある場合、PTAに移行します。

  • バルーンカテーテル拡張の画像

    ③バルーンカテーテルを注射針位の穴から血管内に挿入し拡張中します。

  • PTA後血流が改善していることを確認

    ④PTA後、造影剤を注入し、血管が拡張して血流が改善していることを確認します。

内シャント造設術

シャントイメージ画像

シャントの造設は、通常、局所麻酔にて利き腕と反対側に以下のような手順でおこないます。

  • 吻合する予定の静脈と動脈の間の皮膚を切開します。
  • 静脈と動脈をそれぞれ周りの組織よりきれいに剥離します。
  • 静脈に生理食塩水を注入し中枢(上腕)側への開通を確認します。
  • 静脈と動脈にそれぞれ5~6mm程度の割線をいれ、孔をあけます。
  • 静脈と動脈を吻合します。
  • 動脈から静脈への流れを確認し、出血がないことを確認し皮膚を閉じて手術終了です。