アミノインデックス(がんリスクスクリーニング)検査について

アミノインデックスとは?

人の体は約60%が水分で、約20%がタンパク質でできています。人の体を構成しているタンパク質は20種類のアミノ酸から作られています。

アミノ酸は血液中にも含まれており、健康な人の血液中のアミノ酸濃度はそれぞれ一定に保たれるようにコントロールされています。しかし、さまざまな病気になると血液中のアミノ酸濃度のバランスが変化することがわかっています。

アミノインデックスCがんリスクスクリーニング(Aminolndex Cancer Screening=AICS)検査とは、血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、現在がんであるリスク(可能性)を評価する検査です。

AICSの特徴

  • 血液中のアミノ酸濃度測定による全く新しいタイプの検査です。
  • 一度の採血で、複数(男性5種・女性6種)のがんを同時に検査できます。
  • 早期がんにも対応した検査です。
  • 採血による簡便な検査であり、健康診断で同時に受診できます。

AICSで分かること

AICSは、それぞれのがんについて、がんである確率を0.0~ 10.0の数値(AICS値)で報告します。リスクの傾向は数値が高いほど、がんである確率が高くなります。

また、AICS値からリスクを判断する目安として、「ランクA」「ランクB」「ランクC」に分類され、がんである リスクの傾向が3段階で示されます。

低い ← がんであるリスク → 高い
ランク分類 ランクA ランクB ランクC
AICS 0.0~4.9 5.0~7.9 8.0~10.0

AICSの対象となるがん種

対象となるがん種
男性 AICS
[5種]
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 大腸がん
  • 膵臓がん
  • 前立腺がん
女性 AICS
[6種]
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 大腸がん
  • 膵臓がん
  • 乳がん
  • 子宮がん(卵巣がん)*

*

子宮がん・卵巣がんは、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんを対象としています。いずれかのがんであるリスクについて評価することができますが、それぞれのがんのリスクについて区別することはできません。

検査の対象者について

対象がん 対象年齢
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 大腸がん
  • 膵臓がん
  • 乳がん
25歳 ~ 90歳
前立腺がん 40歳 ~ 90歳
子宮がん 卵巣がん 20歳 ~ 80歳

上記の対象年齢以外の方が受診された場合でも検査結果は報告されますが、AICS値やランク判定結果は評価対象外となります。
一部のがん種についてのみが対象年齢外になる場合、そのがん種は評価対象外となります。


  • 妊娠中、授乳中、がん患者、透析患者、先天性代謝異常の方は、AICS値に影響がありますので検査は受けられません。
  • 現在下記の病気にかかっている方は検査対象外ではないものの、病気による影響でがんではないのにAICS値が高くなりうることをご理解いただいた上で、受診ください。
現在までに各種AICSの結果に影響を
与える可能性が分かつている病気
AICS
(肺)
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 間質性肺炎
  • 非結核性抗酸菌症
  • 肺結核
  • 肺気腫
  • 無気肺
AICS
(前立腺)
  • 前立腺肥大
  • 糖尿病
AICS
(子宮・卵巣)
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 良性卵巣腫瘍
複数のAICS 脳梗塞

費用・受診前の注意点

検査費用
男性 AICS [5種]20,000円
女性 AICS [6種]20,000円

結果報告の際には、再診料はいただきません。

  • 【検査時の注意点】
  • 検査前8時間は絶食が必要です。(水以外不可)
  • 検査前日の夕食は肉、魚などの高タンパク質の食事は摂りすぎないようにしてください。
  • 検査当日朝の運動はお控えください。
  • 検査結果がでるまでに約2週間程度かかります。
  • 検査費用は、保険外です。自費精算となります。

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

TEL 092-962-2111

TEL 092-962-2111