ご相談に関するキーワード


現在、インターネット上での医療相談は受け付けておりません

PVP(光選択的前立腺レーザー蒸散術)を導入しました。
レーザーを照射し組織を蒸散させている写真

前立腺肥大症の新しい治療として、レーザーを用いるPVPを導入いたしました。 レーザーを使用することで、術中の出血量の減少・術後の疼痛の軽減・カテーテル留置期間や入院期間の短縮が期待できます。

詳細はこちらから →

前立腺に関するご相談

質問文をクリックすると回答が開きます。質問を再度クリックすると回答が閉じます。


前立腺肥大

20代男性です。
頻尿感と尿が出にくく(10~15分はあたりまえでそれ以上の場合も) 膀胱を圧迫させて力を抜かないと出ないのですが、これは心因性なのかよくわかりません。

ネットでは亜鉛が足りないと肥大症になるようなことも書いてありました。 何か対策・予防はないでしょうか?(食事療法や市販されてる薬などで) 又、前立腺マッサージはしたほうがいいのでしょうか?

前立腺肥大症は加齢とともにおこってきます。
20代で前立腺肥大症が起こることは考えにくいです。

夜間の頻尿がなければ、心因性の可能性が高いかもしれませんが、 夜間の頻尿や排尿困難等があるのでしたら、 尿道狭窄や神経の病気がないか検査が必要です。
泌尿器科を受診してみてください。

前立腺結石

私は、36歳の男性です。
1年位前に人間ドックで尿血が見られるとの結果をもらいエコー検査しましたら、 前立腺に6ミリ程度の石灰化が見られるとのことでした。
ただ、この位の年齢ではあまりおこらないとのことでした。 自分くらいの年齢ではおこらないのでしょうか。

また、ネットをみて関連記事を見ていましたら、 前立腺肥大や前立腺がんなどの内容が関連事項でありますがこのような関わりはあるのでしょうか。
どのような治療が予想されますか。よろしくお願い致します。

前立腺の石灰化はしばしば見られます。
一般的には慢性的な炎症や肥大症があると生じ易いようですが、 石灰化自体に病的な意義はあまりないと思います。
石灰化のみで治療が必要になることはないと思います。

主人が先日、エコーで前立腺結石ですが、特に 治療は必要ありませんと病院で言われました。
私たちは一日でも早く子供が欲しいのですが、まだ授かりませんでした。
もしかして、結石が原因ではと思います。もしそうなら治療を受けたいのですが。

前立腺結石自体は病的な意味はなく、治療の必要もありません。
また不妊の原因になることもありません。 不妊に関しては不妊専門の外来を受診されることをお勧めします。

慢性前立腺症

40代 男性です。
もう長年過敏性膀胱炎と頻尿感のようなものに悩まされています。 最近、尿検査を受け泌尿器科で診断を受けましたが全く異常なしと太鼓判を押されてしまいました。

多分神経性かと思われます。いつも調子が悪いわけではありません。
症状がでても早ければ1日、長くても5日くらいで収まります。 抗コリン剤系の薬は試しました。ストレスと不安感は物凄く感じます。

症状がはっきりとはわかりませんが、 男性で下腹部痛や残尿感が出る病気としては 慢性前立腺症があります。

疲れた時や長時間座った時などに症状が悪化することが多いです。
治療の方法としては、生薬などの症状を抑える薬や前立腺肥大症の薬などを使用し、 刺激物・アルコールの摂取を控え会陰部の圧迫を避けるなどの生活習慣の改善が一般的です。

精神的な要因も症状悪化につながりますので、 器質的な病気がないことを確認されているのであれば、心療内科に相談されるのもよいと思います。

前立腺治療

前立腺の手術をした後に脳梗塞でたおれ失語症になったのですが、 それが原因なのかわかりませんが、今、おしっこが自分の意思で排尿できません。
今はくだを尿道に刺して排尿しています。

医者が言うには、父は不整脈で又脳梗塞にならないよう、 血液がサラサラになる薬を飲んでるので手術をしたとき出血する恐れがある為しない方がいいと言います。 家族としてはせめて、くだだけは抜いてあげたいです。
なにか良い方法をご教授ください。

尿が出なくなる原因としては、膀胱の働きが悪い場合と出口(前立腺や尿道) が狭くなっている場合があります。
膀胱の働きが悪い場合は手術をしても尿の出方は改善しません
。 出口が狭い場合は手術をすれば自分で排尿できるようになる可能性はありますが、 脳梗塞後で血液をサラサラにする薬を内服しているのであれば、手術は難しいかもしれません。 (主治医が言われるとおり、出血の危険があるのと、術中に脳梗塞を再度起こす危険性もあります)

手術が困難な場合は、間歇導尿といって時間を決めて細い管を入れて尿を出すという方法もあります。
ご本人ができない場合は家族が介助して行うことも可能です。
ただし、管が入りにくい場合や膀胱が小さくなってしまっている場合はお勧めできません。

何が最善の方法かはメールだけで判断することは困難です。 主治医とよくご相談ください。

現在、インターネット上での医療相談は受け付けておりません


Dr.コラムのご紹介

豊資会グループ広報誌『CareCure - ケアキュア -の掲載記事を抜粋しています。泌尿器疾患の症状や治療法・予防法等などがわかりやすく書かれています。


情報利用に際してのご注意とお願い

このホームページに掲示されている情報は、インターネット上における情報の相互的有効利用を目的として、提供されるものです。掲示された情報の内容は、よく吟味、点検されたものではありますが、必ずしも常にその確実性が保証されるものではありません。
病気の診断、治療、その他医学的分野において、提供された情報が、 必ずしもすべての方に有効とは限りません。

情報の利用は、利用者自身の自由な判断、意思のもとになされるべきものであります。 万一、情報の利用の結果、利用者において不都合、不利益が発生することがあっても、 情報の提供者側は最終的な責任は負えないことをご了解の上、慎重に利用いただきますようお願いします。

医療や健康に関する情報をより安全に利用いただくために、
「医療情報の利用の手引き」(日本インターネット医療協議会作成) を参考にしてください。