臨床工学課のご紹介(1)

臨床工学技士とは?

1987年(昭和62年)に制定された医学と工学両面を備えた国家資格で医師の指示の下、生命維持監視装置(人工心肺・呼吸器・血液浄化装置)等の操作及び保守管理を行う専門医療職です。 近年の高度医療機器の操作・保守管理業務に対応するため、なくてはならない重要な存在となっております。病院によってはME(Medicalengineer)と呼ばれることもあり、身近な存在となっております。

加野病院・臨床工学課です。

私たち加野病院臨床工学課は、透析室における血液透析業務、透析装置の保守管理・水質維持管理を、また穿刺や患者管理を看護師さんとともに行っております。

  装置(相思)相愛!
医療機器が安全に動作するために愛情をもって接すると装置はそれに応えてくれます。まるで人と一緒ですね。

病院内における医療機器管理としてシリンジポンプ・輸液ポンプ・生体情報モニター類等の日常点検・定期保守管理、手術室における医療機器類の腹腔鏡・レーザー・内視鏡・電気メス・麻酔器・シリンジポンプ・生体情報モニター等における使用前点検・定期保守管理を実施しており患者さまが安全で安心して医療・治療を受けられるよう日々サポートしております。

臨床工学課は現在4名で笑顔を絶やさず迅速・正確・気配りをモットーに業務に携わっています。