加野病院・手術部のご紹介

患者様の安全を最大限に守り質の高い医療を提供するため、環境調整・手術準備をスタッフ一丸となって行っています。

加野病院の手術部のご紹介

加野病院の手術部では、手術室2室、透視室、膀胱鏡室、ESWL室を備えており、年間500件を超える手術、150件前後の前立腺針生検が行われています。当院に入院された患者さんの80%以上が手術部で治療や検査を受けておられることになります。

当手術部では「患者様の安全を最大限に守り質の高い医療を提供する」「いつでもどこでも誰でも良質な医療を提供できる」をモットーに、主任の村本看護師を中心に、看護師、麻酔科医、臨床工学技士、放射線技師、臨床検査技師などいろいろな職種の者が日々の手術に対応しています。

患者さんにとって手術室の中は未知の世界ですので、不安が増強しないよう、手術当日に少しでも安心していただけるように環境調整・手術準備を行っています。