豊資会グループ
ハイマート杏トップへ
2006年度のふれあいガーデンあいだより
2006年12月

畑では冬野菜の収穫が始まりました。
ガーデンでは白菜や人参、大根などがとても大きく育ちました。
ガーデンのお世話をしているとたくさんの方々から野菜の利用法をお聞きします。
それはスーパーではお目にかかれない部分の意外な食べ方です。
例えば「しその実」はしょうゆ漬けの漬物をきざんだものに混ぜ込むと、 とてもおいしいお漬物に変身します。
いもづるは土の中でおいもが育つ夏の間、 何度も刈り取って「きんぴら」などで頂けます。 来園者の方にもたくさんお持ち帰り頂きました。
大根の間引き菜や収穫後の葉も一夜漬けの他、 菜飯や味噌汁の具や酢味噌和えで楽しめます。
驚きなのがニンジンの葉です。
これは実の量に比べてもたくさん採れるので聞いてみると、 かき揚げにして食べるととてもおいしいそうです。 また、冷凍してパリパリに崩しておくと、スープやピラフなどの彩りに重宝するそうです。
野菜を畑で作る自給自足の楽しみは実はこんなところにもあるのではないでしょうか?

秋から冬にかけては木の実拾いに最適な時期でもあります。
先週、りんにて講師を迎えてクリスマスリース作りの講座がありました。
材料はほとんど私達の周りにある自然のもので、 ぶどうのつるを土台にしてツルウメモドキ・ナンキンハゼ・ツバキ・ガメノハ・松ぼっくり・ ハンノキ・プラタナスの実、ヒノキやゴールドクレストの葉などです。
参加者の皆さん、見本を参考にとても楽しそうに思い思いのリースを作っていらっしゃいました。

花壇のほうでは、土の中に春を待つ花の種がいっぱい眠っています。
チューリップの他、ちどり草やムギナデシコ、カスミ草、ポピー、レンゲ草、 カモミールなどが3月くらいから咲き出す予定ですので暖かくなったらぜひガーデンまでお越し下さい。

ふれあいガーデンあいだより・2006、12月
2006年11月

毎月1回、テーマを変えて「ふれあいセンターりん」にて野菜作り教室を行っています。

11月はプランターで簡単に育てられる野菜をガーデンで実習しました。
余興で、ブロッコリーやカイワレ大根など今流行のスプラウトをスポンジを入れた プラスチックのコップに種まきして楽しんだ後、 野外で実際に土のブレンド方法を教えていただきながらミズナや小ネギなどの野菜の種を 各々のプランターに種まきしました。
発芽を助けるためのビニールがけをして作業は終了です。

その後は皆さんで畑の落花生を収穫体験しました。 少し遅かったためか、土の中で芽を出しているものもありました。
9月の教室で皆で植えた大根もしかっり育ち、これも初収穫してお持ち帰りです。
毎回たくさんのおみやげ付きのこの教室へのご参加を募集しております。

初心者の方も大歓迎です。お申込は「ふれあいセンターりん」まで

ふれあいガーデンあいだより・2006、11月
2006年10月

今月19日、青柳小学校の子供たちが再びガーデンに来訪しました。
今回は芋掘りの体験です。
余興でハーモニカ名人の伴奏により、施設の方達と一緒に季節に ちなんだ童謡を歌いました。

その後芋掘りにいざ出陣!
でっかいのやちっこいの...
様々な形のおいもが出てきました。
収穫を楽しんだ後はできたてのふかしいもを試食。
おいしい秋の味覚をみんなで味わいました。

ふれあいガーデンあいだより・2006、10月
2006年9月
青柳小学校の子供達が総合学習の時間を利用してガーデンにやってきました。
少し早いですが、落花生の収穫を施設の利用者の方達と楽しみました。

みんな、初めての体験で悪戦苦闘ぎみでしたが、 おばあちゃんにお叱りを受けながらコツをつかみ、 土の中から豆が顔を出すと「おぉ〜!」「すご〜い!」と 大はしゃぎでした。
収穫後はその場で塩ゆでにして太陽の下でホクホクを頂きました。

このひとときがみんなの心の中に大切な体験として残るといいネ・・・。
そんな気持ちになった一日でした。

ふれあいガーデンあいだより・2006、9月
2006年8月

ガーデンの花壇で元気に花を咲かせていたヒマワリがたくさん種をつけました。
たったひと粒の種から私の顔程もある大きさの中に数えきれない程赤ちゃん種がつまっています。 これで来年はヒマワリ畑ができそうです。
今の見ものは「ヘチクラ」です。ヘチマとオクラのあいのこらしいです。 ひょうたんと一緒に仲良くぶら下がっています。

園芸トリビア(虫編)
ガーデンにはたくさんの虫さんが来訪されます。
毎朝うっかり歩くと必ずやられるのがくもの巣です。
実は巣の横糸はネバネバしますが、中央部分と縦糸はネバネバしません。 だからクモさんはネバネバしない所を歩きます。
獲物が捕まると最短距離で縦糸を走るのです。
なかなか賢い虫のようです。
ふれあいガーデンあいだより・2006、8月
2006年7月
園芸トリビア(?)
6月に皆さんで植えた落花生が黄色い花を付けました。
そこから新しい根が土の中にもぐり始めております。
この根っこの先にこれから落花生の実がなりはじめます。
実はこれが名前の由来みたいです。

また、畑では空とぶスイカが日増しに大きくなっております。
来訪の際には気軽にお声を掛けて下さい。ご案内いたします。
ふれあいガーデンあいだより・2006、7月
このページのトップに戻る